天慈のふらちなblog探検記

<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< 天ちゃんは書きたいの書いて書いて書きたいだけなの〜(じたばたじたばた) | main | 天ちゃんは「恥ずかしいセリフ禁止!」って言われるものを書いてるんるんみっくるんるん♪ >>

どんなことでもネタにする、それが物書き天ちゃんとゆーヤツでつ♪

*********************

「で、みちアキはどうするの? 適度に性を語れ」

*********************

みちアキさんが紹介している日記もざっと読んでみたのだけど、あれだね、天ちゃんの若い頃とはまったく違う人なんだなという印象。
あたしなんて「誘ってくんなオーラ」飛ばしまくってたからなあ。それは中学の頃から旦那と付き合うまでそうだった。なんかあとで「付き合いたかった」とかいう話聞いたりしたこともある。けれど、あたしはいっつも「○○くんしか眼中にありませぇーん♪」と公言しまくってたんで、絶対に断られるからってことで誰もアタックしてこなかったそうな。しょぼん。(×_×;)←自業自得だ(爆)
まあ、そんな中でも一人すごいアタックしてきた人いたんだけどね、中学の頃のことだけど。でも、やっぱあの頃は自分が好きっていう気持ちだけが何よりも大事な女だったんで、しつこく言い寄ってくる男は今で言うところのただのストーカーとしか思えなかった。
今思うと、もったいないことしたよなーとは思うけれど。(爆)


でまあ、そんなわけで、もっと遊んでたらその経験談でいろいろリアルな小説書けたりできたのになあなんて思ったりした。けれどまあ、こんなふうにネットだといろんな人の体験談を聞けてあたしにとってはネタの宝庫だなあと思ったり。まあ、そのまま体験談を小説に使うっていうのも書かれる側としてはおもしろくないだろうとは思うけれどね。

まあ、あたくしも旦那持ちですからして、夜の営みだの(はずい表現だよなあ)まーったくないとは申しませぬが、そこらへんの話はすっとばかして(爆)みちアキさんが書いているこの言葉に反応。

自分の何処が好かれているのか解らない→期待に応えられるか自信がない

たぶん、あたしが好きで好きでしかたない人とはそゆことはできないと思うのも、相手の期待に応えられないという気持ちがあるんじゃないかなあと思う。
今のあたしだと好きでたまんないっていうのはガクトさんなんだけど(ひどい妻だ、旦那じゃないのね)ずぇーーーーったいガクトさんとなんかできますぇーん!(><)
あれだけのいい男だもんねえ。
もちもちぽんぽん傾向のある天ちゃん、年ももう初老の天ちゃん、身体が硬くてアクロバット的な激しいソレができない天ちゃん、相手なんかつとまりますかいなっ。ただのマグロと化すこと請け合いまつでつ。(^^;

だからーそゆーことは脳内でええどす。現役もう引退っす。

たった一人としかそゆことしたことないあたしが現役引退っつーのも考えたらさびしいもんだけど、たった一人でもそゆことができることは幸せなんだろうな。とくに、あたしみたいに結婚なんてしたいとは思わない人生を歩むはずだった人間としては。だから、そんなあたしをその気にさせた人間がいたってことは本当に恵まれたことだったんだろうって思う。

さて、話変わって。

コメントでみちアキさん「人の書いたのをダシにした自分語り、が基本」と書いてたんだけど、あたしもそういうヤツだからなあ。そんなわけで、自分語りが始まるヨ・カ・ン♪ おーいぇーい♪

会社の後輩に「○○さんがセックスするなんて…(5秒くらい間)…オレ想像できないっすよ!」とか言われた男ですよ。どういう意味なんだそれ。

これ読んでまたまたフラチ日記から過去ログ引っ張ってきた。それが2002/11/29に書いた「天慈のフラチな日記 - 体験に基づく物語は続くよ〜」なんだけど、それにも書いた「Sexしよっ♪」というショート。
当時はあとがき書いてたんだけど、サイトに掲載するにあたりあとがきは削除しちゃったみたいで、どこらへんが実体験であるかはもう誰も覚えてないとは思う。
それはもう、主人公の同僚が主人公に「彼氏とどんなSEXしてんの?」という冒頭のセリフから始まるエピソードだったんだよねえ。
ちょっと時期は定かじゃないんだけど、旦那と結婚する前だったか結婚してからだったか、当時の同僚で一番仲のいい人が突然そんなことを言ってきたのだ。で、なんでそんなことを聞くのよーっと言ったら「想像できないんだよね。あなたと彼がそんなことしてるのが。どんなふうにしてるんだろうって気になって気になって」と、そんなようなことを言ってた。

でまあ、そのセリフが忘れられなくて、それで出来上がったのが「Sexしよっ♪」っていう小説だったわけ。

それと同じような感じで性をネタにして書いた小説について語った過去ログ見つけてきた。それが2001/1/20に書いた「天慈のフラチな日記 - 性教育・健康教育参観日」なんだけど。

「好きな人に逢いたい」という小説のあとがきにも書いたのだけど、ほんっと物書きって外道だよなあって。自分の恥や他人の大切な想い出までも書きたててしまう。もちろん、すべての者書きがそうだとは言わない。けれど、あたしはやっぱり物書きっていう人間は何でもかんでも書いてしまう人間が物書きなんだと思ってるんだ。

どんなことでもネタにする。それが物を書く人間なんだって。
想い出系 | permalink | comments(0) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nonavias.jugem.jp/trackback/319
この記事に対するトラックバック
画像提供ブログ/ポチッとな!