天慈のふらちなblog探検記

<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | permalink | - | -
<< あ、あれ?(^^; | main | ウェブでも職人気質 >>

黄昏るココロ

:: ソラノココロ | sora27 ::


*************


ソラの向こうに馳せる想い

あなたへ届け

わたしのココロはあなた次第

あなたの存在でかろうじて立っている

けれど

わたしの想いは黄昏て

いつか日没を迎えるだろう

今はただ

静かにそのトキを待つのみ

生まれ変わるそのトキを

待っているだけ



ポエマー天慈♪ | permalink | comments(4) | trackbacks(1)

スポンサーサイト

- | permalink | - | -

この記事に対するコメント

えへへ^^
必殺トラバ返し!(ナニソレ)してみましたけど
いかがなもんでしょ?
いやぁ、初めての経験でドキドキでした(笑)
華音 | 2004/08/25 6:16 PM
でへへ(#^.^#)
必殺トラバ返し、ありがとん♪
つーか、ステキな詩をありがとね。(はあと)
天慈 | 2004/08/26 9:41 AM
なんといいますか、
沈まない夕日は確かにないですよね。
でも、登らない朝日も無いわけで。
本質的にはおんなじ太陽!

沈んじゃったら、沈んじゃったで仕方が無いです。
でも、また登ってくれば良いだけ!!
ワタクシはそう思いますネ!^^*

きまぐれT | 2004/09/09 1:01 AM
きまぐれTさん、
コメントありがとうございます。(^^)

沈んだらまた登ればいい…

当たり前のことなんですが
いい言葉ですよねえ。
あたしは友達に
よく太陽にたとえられますが
繰り返す───というところからも
そうなのかなとも思えました。
天慈 | 2004/09/09 7:25 AM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nonavias.jugem.jp/trackback/13
この記事に対するトラックバック
『黄昏るココロ』 by.天慈 朝の光の中で * * * * * ソラに向かい腕を広げ 僕は ソラを 抱き締める 君の ココロ 抱き締める 僕の想い 君に届いているだろうか この黄昏にも似た 切ないけれど愛しい…想い 君が黄昏ているなら 僕がずっと傍に
返詩 | ソラノココロ | 2004/08/25 4:54 PM
画像提供ブログ/ポチッとな!